ごあいさつ【学校長より】

公開日 2018年04月16日(Mon)

4月9日に第56期生319人が入学し,鹿児島中央高校の平成30年度がスタートしました。中央高校生である自覚と誇りを持ち,勉強,部活動,学校行事等,何事にも一所懸命に取り組む鹿児島県ナンバーワンの鹿児島中央高校生を目標に挑戦を続けます。

本校は今年度から文部科学省によって向こう5年間,SSH(スーパー・サイエンス・ハイスクール)に指定されました。協働的な活動の中で,科学的に課題を解決できる人材を育成することを目標に,探究活動を中心とした独自の研究を実践していきます。今年度入学した1年生から実施される大学入試改革への対応も見据えています。今後,鹿児島中央高校は理数教育,課題研究においても鹿児島県ナンバーワンの高校をめざします。

本校には、校是「三綱領・五条目」があります。
初代校長 柳 直一先生の建学の思いである
「自主(自主独立)・好学(好学愛知)・敬愛(敬天愛人)」の三綱領。
そして,五条目。
「志操は高く,品格ある青年学徒たれ」,
「易きにつかず,学道に専心せよ」
「共励切磋,和して同ずるなかれ」
「自主自立,責任を完遂せよ」
「積極敢為,自ら運命を開拓せよ」
と,中央高校生に対して,「未来を託した生徒諸君,『自覚と矜持(誇り)』をもって学業に励みなさい。」と語られています。中央高校生は,この校是の具現化を目指して日々努力を重ねて参ります。

今年度の重点目標を
・鹿児島中央高校 CHALLENGE CHANGE CHANCE ・風は鹿児島中央から
と,掲げました。具体的で高い目標を抱き,その目標達成のために果敢にCHALLENGEしてほしい。そのためには,数多くのCHANGE・自己改革が必要になってくるでしょう。このCHALLENGEとCHANGEを繰り返すことでCHANCEが産まれ,風が吹き始めます。さらに,あたりまえをあたりまえにすることを徹底します。元気に挨拶をすること。一所懸命に掃除をすること。きちんとした身だしなみを心がけること。文武両道。大きな声で校歌を歌うこと。この五つを鹿児島中央高校生のあたりまえとします。校是の具現化を図りながら,CHALLENGE CHANGE CHANCE,あたりまえをあたりまえにすることの継続によって,どのような色の,どのくらい大きな風が鹿児島中央から吹くか楽しみです。

本校全職員は,生徒一人ひとりを大切にしながら,情熱を持って一所懸命に高校教育を実践して参ります。たゆまぬ挑戦を続ける鹿児島中央高校に,暖かいご理解とご協力・ご支援をお願いします。ご期待ください。

第23代校長 長 佳文
kouchou